スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unity NGUIの導入について

・NGUIについて
Next-Gen UI (以下NGUI) とは、UnityでのUI作成を支援するプラグインです。
ボタンやスライダーなどの部品が簡単に作成することができます。
また、描画処理を軽減するための仕組みも備わっています。

・UnityでNGUIを使用する方法について
NGUIは有料のプラグインですが、無料の試用版もあります。
個人での学習やどんな機能があるのかを知りたい場合は試用版をオススメします。

無料版では画面にNGUIのロゴやメッセージが表示されたり、一部のソースコードが編集できないなどの制限はありますが、使用には問題ないです。
また、有料版はセールで値引きをしている時期もあるみたいです。


1.NGUIのダウンロード
・無料の試用版
Webページ http://www.tasharen.com/?page_id=140
Evaluation Versionの「Free Edition of NGUI here」のリンクをクリック
NGUI_Web.png



・有料版
Webページ http://u3d.as/content/tasharen-entertainment/ngui-next-gen-ui/2vh から購入。

もしくは、Unityのメニューバー「Window」→ 「Asset Store」から『NGUI』で検索し購入。
NGUI_AssetStore.png



2.NGUIのインポート
Unityのメニューバー「Asset」→「Import Package」→「Custom Package」で.unitypackageを選択。
必要なAssetにチェックし、Importボタンを押す。
(どのAssetが必要なのかわからない場合は、全てチェックを入れたままImportしても問題無し)

3.NGUIの確認
ProjectビューのAssetsフォルダにNGUIというフォルダが生成されていれば完了。



おまけ 参考資料

・NGUI 公式ドキュメント
http://www.tasharen.com/?page_id=197

・NGUI チュートリアルの詳しい解説
NGUIのチュートリアル「Part 1 ー Basics」 - 強火で進め
http://d.hatena.ne.jp/nakamura001/20120304/1330849793

・NGUI Importができたら実際の使い方について
テラシュールウェア [Unity3D]NGUIの使い方メモ その1
http://terasur.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
スポンサーサイト
プロフィール

Kawa

Author:Kawa
自分の興味のあることを
メモするためのブログ
Twitter:kawa0x0A





FC2 アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。